武漢生活

住めば都

「コーヒー、ちょっと濃いめで」は何と言うか

COSTA COFFEEでアメリカンの一番小さいサイズ(最小杯)を注文すると「一番小さいのはエスプレッソ向きのサイズだから、中杯のがいいよ!」と言われます。

なので毎回中杯を買うのですが、結構でっかく(確か450ml程だったような)、アイスコーヒーだと最後の方は氷が熔けてうっす~いコーヒーになってしまう。

だからと言って、ぬるいコーヒーは好きじゃないから氷抜きもしたくない。

・・・というのが最近の小さな悩みでした。

(ちなみに去冰と言うと氷抜き、去糖と言うと砂糖抜きで作ってくれます)

 

今日、例のごとく中杯のアイスコーヒーを注文したら「加浓吗?」と聞かれました。

 

なんとー。そんな手があったのか~~~。

濃さを加えると書いて加浓。言われてみれば、確かにそういう表現になるよなぁ。

こんな表現が、自分の思考回路でパッと浮かぶようになりたいです。

 

一份咖啡、extra one shotがすなわち「加浓」。+5元。

f:id:astroboy123:20170417205051j:image

 

見た目は同じですが、確かに濃い味のアイスコーヒー。最後まで薄まらず、満足でした。

f:id:astroboy123:20170417204930j:image

 

日本でもカスタムオーダーをしたことありませんが、今後中国で濃いめのコーヒー飲みたいときは「加浓!」と言えば良い。

大変お勉強になりました。


f:id:astroboy123:20170417210557j:image

昨日はどしゃ降りの雨で、一時的に道が川に。

雨は嫌いですが、雨が降った後の匂いと青々した緑は大好きです。