武漢生活

住めば都

偽札の見分け方

問; どちらが偽札でしょう。
f:id:astroboy123:20170424103930j:image

f:id:astroboy123:20170424104035j:image

 

答えは・・・上でした。

よくよく見ると全体的に若干!色が濃かったり、紙が本物より若干!ツルツルしていたり。
決定的な違いは、裏のホログラム。

偽札はホログラム部もただの印刷なので、キラキラせずグレーの発色になっています(写真だと見づらいですが)。

 

【本物】

f:id:astroboy123:20170424104056j:image

【偽物】

f:id:astroboy123:20170424104110j:image

タクシーのおじちゃんに受け取り拒否され、その後スタバで偽札確認機(?)に引っ掛かり、発覚。
お姉さんが本物の100元札と比べて、↑の違いを教えてくれました。どれも言われないと気付かないよ~。
それにしても、これ元々はATMから出てきたお札なのですが、ATMですら見過ごした偽札を一発で見破ったタクシーのおじちゃん。さすがです。

 

そして以前中国人の友人から教えてもらった偽札の見分け方三選。 

1. 紙でこすってみる
これが王道だそう。本物のお札なら、こんな感じで赤いインクが移ります。

f:id:astroboy123:20170424223404j:image

 

2. 観音開き型に折って、模様のズレを確認してみる

本物は、お札裏側 上部の帯状の模様が綺麗に繋がります。

【本物(綺麗に模様が一致します)】
f:id:astroboy123:20170424224806j:image

【偽物(明らかにずれている)】
f:id:astroboy123:20170424224818j:image

 

3.透かしの毛沢東を確認してみる

本物のお札は、表側左端の透かしの毛沢東にもきっちりと陰影がついていますが、偽札は陰影が薄い(分かりづらかったので、写真は載せませんが)。


中国で偽札を掴まされたら、銀行へ持って行っても回収されるだけで交換はしてくれません・・・
表側にホログラムが印刷されている新100元札も多く流通しているので偽札も減るのかな?と思いますが・・・困ったものだ。